神奈川花火大会

鎌倉花火大会2019混雑情報!混雑知らずで快適に見れる穴場スポット6選

「鎌倉花火大会」は、「鎌倉の夏の風物詩」とも呼べる、大人気の花火大会ですね。

打ち上げ花火はもちろん、鎌倉花火大会の「名物」とも呼べる、海の水面に上がる「水中花火」など見所たくさんの花火大会となっており、毎年15万人と大変多くの見物客で賑わいをみせています。

そこで今回は、事前に知っておくことで役立つ、2019年鎌倉花火大会の「混雑情報」や、「穴場スポット」などについて、詳しくお伝えいたします!

 

鎌倉花火大会2019混雑情報

 

「鎌倉花火大会」は2019年で第71回を迎える、長く愛され続ける花火大会です。

花火の打ち上げ数は「約4000発」とそれほど多いわけではありませんが、毎年たくさんの人が見物に訪れる、関東圏内でも人気の花火大会となっています。

特に、名物である、「水中花火」は、船の上から花火を投げ込み、海の中から扇状に広がる花火は、圧巻で大きな見所となっていますね。

さらに、それに併せて、上空に描かれる円状の花火が同時に見られるという演出は「鎌倉花火大会」でしか楽しむことができない!ということで遠方からも多くの人々が訪れてきます。

「鎌倉花火大会の基本情報」と共に、これまでの混雑状況を参考に、「2019年の鎌倉花火大会を混雑予想」をしていきましょう!

鎌倉花火大会2019年基本情報

 

花火打ち上げ情報

開催日時:2019年7月10日(水)19:20~20:10

打上数:約4000発

開催場所:神奈川県鎌倉市 由比ヶ浜海岸・材木座海岸(滑川を挟んで、隣接する「由比ヶ浜海岸」と「材木座海岸」がメイン会場となります。

https://www.google.com/maps/@35.324754,139.554218,14z?hl=ja-JP

 

鎌倉花火大会2019混雑予想

 

毎年、「鎌倉花火大会」は、およそ15万人の来場者が訪れており、2019年も同様に多くの来場者で賑わい、大混雑が予想されます。

近隣の道路混雑は、かなり激しく、このため鎌倉花火大会では交通規制が敷かれます。

時間は、18:30~22:30で規制場所は、

・鎌倉駅前交差点から滑川交差点間

・鎌倉駅東口・西口ロータリー

です。

また、規制に伴い、バス乗り場やタクシー乗り場も変更となりますのでご注意下さい。

交通規制も多く、会場付近の道路はますます混雑が予想され、さらに近隣は駐車できませんので、お車のご来場はなるべく控え、電車などの公共交通機関をご利用することをオススメいたします!

花火大会の鑑賞エリアは、「滑川付近の海岸」は、午前中から例年、大変混雑し、開催時刻が近づくと付近に近づくのも難しいほどの混雑となるので、滑川付近で見たい!という方は、できるだけ早い時間から到着する必要があります。

ですから「午後」から、鎌倉花火大会の会場へ行く!という方はその他のエリアで、花火を鑑賞することをおオススメいたします

「鎌倉花火大会2019」を混雑知らずで、快適に見れる穴場スポット6選

 

先ほどお伝えした、滑川付近は、かなり早く訪れない限り、鑑賞スペースを確保することが難しくなっています。

しかし、「鎌倉花火大会」では、混雑知らずで、快適に過ごすことが出来る「穴場スポット」が実は数多くあるのです。

その中でもオススメの6選を順にお伝えいたします。

材木座海岸(材木座海水浴場)

メイン会場の1つである「材木座海岸」ですが、実は最もオススメしたい「穴場スポット」なのです。

もう1つのメイン会場である「由比ヶ浜海岸」に比べて、海水浴の客が少ないのがポイントで、鎌倉花火大会開催時間直前であっても、花火打ち上げ地点から離れてしまえば、レジャーシートを敷くスペースを確保できます。

メイン会場ということで「材木座海岸」は打上地点ととても近い位置から花火を鑑賞できるため、大迫力の「水中花火」と「打ち上げ花火」を堪能することができるオススメスポットです。

最寄り駅は、江ノ電の「由比ヶ浜駅」と「和田塚駅」で、混雑回避されたい方は、多少ではありますが空いている「和田塚駅」をご利用して下さいね。

小見出し 鎌倉海浜公園(由比ヶ浜海岸地区)

由比ヶ浜海水浴場に面している公園の中で、最もオススメの穴場スポットが「鎌倉海浜公園」です。

広大な敷地の公園で、3地区に分かれており、特に「由比ヶ浜地区」は高台にあり、芝生スペースやグランドもあるので、レジャーシートを敷くスペースに困りません。

披露山公園

 

打上げ会場からは少し離れてしまいますが、「披露山公園」は、披露山の山頂にあるので、「由比ヶ浜」はもちろん、逗子アリーナや江ノ島までが一望できてしまう、絶景エリアで、「鎌倉花火大会」のオススメ穴場スポットなのです。

眼下に、花火大会が広がり、遠い位置ではあっても「水中花火」や「打上花火」の全景を鑑賞することが出来ます。

公園内はとても落ち着いた雰囲気なので、じっくり落ち着いて「鎌倉花火大会」を楽しみたい!」という方には特にオススメ穴場スポットとなります。

アクセス方法は「逗子駅」から鎌倉行きのバスに乗車して、「披露山入り口」で降車すると、すぐとなります。

鎌倉海浜公園(坂ノ下地区)

 

鎌倉海浜公園の「坂ノ下地区」は、花火の打ち上げ地点からは多少離れてしまいますが、メイン会場である「由比ヶ浜海岸」から材木座・逗子へと続いている海岸線一望できるので「水中花火」もしっかりと楽しむことが出来る穴場スポットです。

花火大会開始直後であっても、毎年それほど混雑することはなく、鑑賞スペースをしっかりと確保することが可能です。

アクセス方法は、江ノ電「長谷駅」から徒歩15分となります。

大崎公園

 

さきほどご紹介した「披露山公園」から、10分ほど歩いた所に位置するのが「大崎公園」です。

到着するまでに時間がかかるので、鎌倉花火大会当日であっても、混雑していることはまずありません。

けれども、「披露山公園」より海岸に近づき、打ち上げ花火もしっかりと見ることが出来、ゆったりと花火大会を楽しむことができます。

Restaurant Seedless Bar

 

由比ヶ浜海岸のすぐ目の前にある、アメリカンスタイルのレストランです。

ゆっくりと食事を楽しみながら、鎌倉花火大会を鑑賞したい!という方には特にオススメな穴場スポットとなります。

ただし、席数には、限りがありますので、利用されたい方は、必ず事前予約を忘れずにしましょう。

 

 

 

 

鎌倉花火大会2019混雑情報!混雑知らずで快適に見れる穴場スポット6選まとめ

 

いかがでしたか。

2019年鎌倉花火大会の混雑状況や、穴場スポットについてご紹介いたしました。

鎌倉花火大会は2019年も多くの来場者で賑わうことが予想され、それに伴い交通規制が行われます。

また、鎌倉花火大会の目玉である「水中花火」や、夜空に花開く打ち上げ花火を、今回ご紹介した「穴場エリア」を参考に、ぜひ最高の鑑賞スポットで楽しんで下さいね。

そして、鎌倉花火大会に大切な方々と訪れ、素敵な夏の思い出を作って下さいね。

鎌倉花火大会2019

開催日時:2019年7月10日(水)19:20~20:10

会場:由比ヶ浜海岸・材木海岸

アクセス:JR/江ノ電「鎌倉駅」徒歩15分

江ノ電「由比ヶ浜駅」・「和田塚駅」徒歩5分

お問い合わせ:神奈川観光協会 0467-23-3050

公式ホームページ鎌倉観光公式ガイド