新幹線

新幹線2019お盆の混雑予測!指定席予約の裏ワザと攻略方法とは?

 

新幹線に、2019年のお盆は、利用しようかなと思っているけど、果たしてどのくらい混雑するのだろうかと、気になる方も多いはずですね。

お盆は、帰省や、旅行など多くの方が新幹線に乗ろう!と計画する方がいるため、混雑は必須となってきます。

しかし、事前にお盆中の新幹線の混雑情報を、しっかりとチェックしておくことで、混雑回避や予約を取る確率をあげることが可能となってくるのです!

今回は、新幹線の2019年お盆の混雑予測や予約方法の裏技・攻略法など、お盆の新幹線の混雑情報について詳しくお伝えいたします。

 

新幹線2019お盆の混雑予測

 

毎年、お盆時期の新幹線は、大混雑します。

TVなどのニュースで、お盆時期になると、大混雑している映像が頻繁に流れているのを見る機会も多いのではないでしょうか。

お盆休みを利用し、実家に帰省をする方や、旅行など遠方にお出かけを計画方も多くいられるので、大混雑するのも、納得できますね。

当然のごとく、2019年のお盆の時期の、新幹線も同様の「大混雑」が予想されます。

また、お盆休みの時期ですが、一般的に8月13日~16日がお盆休みで、そこに土日の絡み方によって、決まってくるようです。

数年前に制定された山の日の影響などにより、長期のお盆休みとなる企業も多くなっています。

2019年でいうと、8月10日(土)~18日(日)の9連休が一般的な日程となりそうですね。

例年の新幹線の混雑傾向をみていくと、お盆休みが始まり出す、「11日の午前中~16日の夕方くらいまで」が、どの新幹線も、混雑のピークをむかえ、乗車率が150パーセント以上の超満員の、大混雑が予測されます。

それ以外の日でも、お盆中の新幹線は、乗車率100パーセントを上回る、激混み状況になってしまうでしょう。

 

新幹線2019お盆の指定席予約の裏ワザ

 

2019年のお盆時期の新幹線は、やはり基本的にいつでも大混雑が必須となってきそうですね。

そうなると、やはり事前に指定席の予約をしっかりと取っておきたいところですね。

では、新幹線の指定席の基本的な予約購入方法と、指定席予約の裏技を順番にお伝えしていきたいと思います。

 

新幹線の指定席券の予約購入方法

 

新幹線の指定席は、乗車する日の1ヶ月前の朝10時~、全国で一斉販売となっています。

販売方法は、各駅のみどりの窓口で直接購入するか、ネットで購入するかの2通りです。
お盆時期の新幹線の指定席券の予約購入は、販売時間から、窓口は大行列となり、ネットもつながりにくい状況となって、そうこうしているうちにチケットがなくなってきてしまうような状況に例年なっております。

特に、家族で規制の方や、大人数でのお出かけの方など複数枚購入の方は、遅れをとると、希望する日や、時間帯に購入できないケースもあるほどです。

そんな悲しい思いをしないためにも、お盆時期の、新幹線の指定席の「裏技入手方法」をしっかりとチェックしていきましょう!

 

新幹線指定席予約の裏技

 

インターネット予約

 

最近では「新幹線の事前予約制度」というとても便利なシステムがあります。

事前予約は、窓口はなく、インターネットのみの予約方法で、1ヶ月と1週間前から予約をすることができます。

予約販売開始よりも、1週間早くから、予約することができるので余裕を持てますね。

しかもこの制度は、昔はなかったので、意外にも知らない方も多い方法なのです。

「えきねっと」のホームページから、切符予約の項目から、予約を行うことが可能です。

予約が始まるよりも前にホームページをチェックしておくと、予約開始日にスムーズに操作できますので事前に確認することを、オススメいたします。

 

10時打ち

 

最近では、先ほどお伝えした、「事前予約制度」ができるようになったため、有効性が昔ほど高くないですが、「10時打ち」も裏技の1つです。

みどりの窓口では、新幹線の乗車日の1ヶ月前の10時~「予約販売」が開始されます。

しかし、10時より前からみどりの窓口の営業は行われています。

そこで、10時より前から、みどりの窓口に事前に、新幹線の指定席券の申込用紙を記入し、窓口にあらかじめ渡しておくという方法があるのです。

これこそが、「10時打ち」の裏技です。

「指定席の事前受付」とも呼ばれる方法です。

ただし、この裏技には少々注意がありまして、「10時打ち」は全てのみどりの窓口では行っていないのです。

JRの主要駅にあるみどりの窓口ではおこなえるところが多いようですが、行っていない場合は10時の申し込み開始を待ちましょう。

 

新幹線2019お盆の攻略方

 

お盆の大混雑する新幹線の攻略法の1つは、まず先ほどお伝えした、指定席の事前予約・購入が効果的です。

それでも大混雑は避けられませんので、そんなお盆の新幹線の攻略法をお伝えいたします。

「ひかり」を狙う

 

「のぞみ」ではなく「ひかり」を選ぶことで、指定席の予約購入の確率もぐっと上がりますし、自由席の場合でも着席できる可能性や、のぞみほどの混雑は回避できます。

「こだま」は各駅停車なので、所要時間もかなり長くなりますが、「ひかり」は20分から40分とそれほど長い差もないのでオススメです。

 

始発など早朝を狙う

始発などの早朝は、避ける方も多いのでオススメです。

子連れの方は、早朝の外出はなかなか困難ですし、新幹線の乗車駅が自宅から遠方の方は前乗りの必要も出てくるので、避ける方が多いです。

早朝に出発は、大変な面も多いですが、その分、切符の入手確率も上がり、また混雑も多少緩和されます!

 

新幹線2019お盆のまとめ

 

いかがでしたか。

2019年お盆の新幹線の混雑情報についてお伝えしてきました。

帰省ラッシュのピークをむかえるお盆の新幹線はやはり混雑が予測され、切符の入手するのも困難となります。

インターネットの「事前予約制度」や、みどりの窓口の10時打ち」などの裏技をお使いいただき、お盆中の新幹線の切符入手にぜひ、役立てて下さいね!

また、混雑状況のお盆の新幹線は、

・「ひかり」の利用

・始発を狙う

ことで、混雑回避なども攻略できますので、参考にしていただけたらと思います。